HOME 十勝毎日新聞社ニュース ご当地入場券集めて 十勝は8市町 JR北海道
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

ご当地入場券集めて 十勝は8市町 JR北海道

  • 2017年7月16日 13時44分

各自治体の名産品などがデザインされた入場券

 JR北海道は20日、沿線自治体の風景や特産品の写真をデザインした「JR北海道わがまちご当地入場券」を発売する。十勝管内でも帯広など駅が立地する8市町で販売され、観光への好影響も期待される。

 入場券をきっかけに鉄道の利用や地域のPRにつなげようと企画。各駅のみどりの窓口などで、1枚170円で販売される。

 入場券は縦5.8センチ、横12.5センチの大きさで、表面に自治体の路線を走る車両の風景、裏面に各自治体の特産物や観光施設などの写真を入れた。管内の入場券は各自治体と十勝観光連盟が協力し、統一感を出した。帯広では十勝平野と幸福駅の写真が入る。

 参加は北海道、青森県の101自治体で、20日に発売されるのは管内の帯広、幕別、池田、豊頃、浦幌、新得、清水、芽室を含む81自治体。管内では豊頃町のみ町役場で、他は駅みどりの窓口で取り扱う。

 帯広駅の佐々木大輔駅長は「各駅を回って、十勝管内の入場券8枚を集めてほしい」と話している。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
21日の十勝の天気
最高気温
32℃
最低気温
18℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み